ショートカットが覚えられない!意識しておきたい記憶方法2つのコツ

パソコンスキル

こんにちは!おかふくめいです。


大量にあるパソコンのショートカットキー操作。

覚えて使った方がいいというのはわかるけど、
でもそんなに覚えられない!


闇雲に全てを覚えようとしても、
そうそう簡単には覚えられないのは当然のことです。。。


この記事を読んで人間の脳の仕組みを理解すると、
覚え方のコツがつかめるようになりますよ。

仕事の成果をあげなければならない理由

今、国をあげて「働き方改革」を進めようとしていますよね。


長時間労働の常態化、
過労死
正社員とそれ以外の雇用の方との待遇のギャップ


特に、長時間労働、つまり残業を解消するためには、
短い時間で多くの成果を出す必要があるわけです。
仕事は減らないのでね。


成果というのは


成果=やること×やりかた×はやさ


このように表すことができます。


仕事の成果は、
・やること=何をやったか
・かかった時間
この2つで仕事の価値感が決まるのです。

さらに、この、かかった時間も分解できて、
・やりかた:マウスを使うかショートカット使う、エクセル関数やマクロを使って自動化を目指す
・はやさ:動きのはやさ。どんどんタイピングで文字を打つスピードを上げる
この2つにわけることができるのです。


この中で、すぐに取り組んで成果を抜群に出せるのが、
タイピングであったり、ショートカット操作なんです。


ショートカット操作はごまんとあります。
それを闇雲に覚えようとしても、新しいことはなかなか覚えられないし、覚えたと思ってもすぐに忘れてしまうものです。
しかも、それを年齢のせいにしている人、いませんか?


きっぱり言っておきます。
ショートカット操作に高齢か高齢じゃないかは関係ありません!
使えば使うほどみんな出来るようになるんです。
でも、誰しも最初は覚える必要があります。

意識すれば記憶しやすくなる!2つのコツ

記憶方法には、ちょっとしたコツがあります。
これを意識するだけでも、だいぶ記憶力を上げることが出来るのです。


おそらく、言われてみると

「あー!!なるほどね」

と思うはずです。


今回は2つコツをお伝えしますね。

マジカルナンバー7

人間の脳には、
同じカテゴリーから瞬間に同時に覚えられるのは7つまでという
制限があります。

これを、マジカルナンバー7(セブン)と言う風に表現しています。


たとえば、
学生時代に、英単語覚えませんでしたか?
出るタンとか単語の本を最初のページから順番に1個ずつ覚えて、後半挫折するというw
まさに、私がこれパターンでした。


あれもまさに、1ページに十数個単語が載っていると、頑張ってそのページを覚えるのに苦労して、それが嫌になって
「もうや~めた!」
に繋がるのです。


これを、マジカルナンバー7の法則に則って覚えるなら、
1ページは7個までと決めて、それを覚えます。
また次のページも7個まで。
次のページも。


1ぺージ15個全てを覚えるより、
1ページ5個を3ページ分覚えるほうが早く覚えられるのです。不思議とね。


ショートカット操作も同じなんです。
一気に10個も20個も覚えようとすると混同します。思考がマヒします。
だから、1カテゴリー7個以上は覚えないようにします。


今日は
ウィンドウズのショートカットを4つ覚えよう。
エクセルのショートカットを4つ覚えよう。
そういう風にカテゴリー分けするだけで、
たくさん覚えることができるのです。

チャンク化

080152163237412

ここに15ケタの数字があります。
これを30秒ほどで覚えてください

と言われて、すぐに覚えられますか?


15ケタの数字の羅列、覚えるの厳しいですよね。


これをこうしてみてはいかがでしょうか。


080152163237412


長い数字の羅列は、いくつかの塊に分けると、記憶しやすくなる。
こういうのをチャンク化と言います。


電話番号はこれの最たるものです。
数字を区切ってチャンク化し、何度も唱える。すると自然と覚えていつでも言えるようになる。
チャンク化をすれば、より長く情報量の多い数字でも記憶することが簡単になります。

上の数字の例なら、080152163237412 という風に塊にして、音のつながりとして覚えていけば簡単ですよね。


パソコンのショートカット操作も、
一連の動作を、実は区切りながらぶつぶつ言って覚えると、
あっという間に覚えます。


たとえば、コピペ(コピー&ペースト)なら

「コピーはコントロールプラスC、貼り付けはコントロールプラスV」
と覚えるのではなく、
コントロールC、コントロールV、コントロールC、コントロールV・・・
と一連の流れで覚える。

このほうが実用的ですぐに覚えられますよね。

ショートカット操作を一個ずつ覚えるのではなく、
一連の動作の流れを使ってよく使うショートカット操作の組み合わせで覚えていく。
このチャンク化を使って覚えていくというのが大事なポイントなんです。

闇雲に覚えない!記憶も効率化!!

働くママは時間をかけていられません。
今日の2つのコツを使えば、
ショートカット操作だけでなく、様々なシーンで効率よく記憶力を上げることができますよ。


ぜひ、頭の片隅に入れて、活用してみてくださいね。

Okafuku Mei

33,078 views

1日10分の練習で 8時間の仕事が2時間に!! 通勤時間往復3時間、育児と仕事と家事とどう両立していけばいいか、試行錯誤してたどり着いたパソコン仕事の時短術...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Profile

プロフィール

このサイトを運営しているおかふくめいです。

1日10分の練習で 8時間の仕事が2時間に!!

通勤時間往復3時間、育児と仕事と家事とどう両立していけばいいか、試行錯誤してたどり着いたパソコン仕事の時短術で、働くママの【楽】をご提案します。

ママ自身のワクワクが子どもたちに伝播すれば、子どもたちにもワクワクする未来はやってくる!

小学生2人の子育てをしながら、平日会社員&週末起業家やってます。