タッチタイピング習得への道~ホームポジションを理解する

パソコンスキル

パソコンのキーボードって、あいうえお順で並んでいるわけではないし、どこにどの文字があるのか覚えないと文章が打てない・・・。

パソコンの中でも最大の関門が
タイピングの習得
です。

いきなりは出来るようにはなりませんが、
少しずつ正しい練習を重ねれば、
無意識に文字が打てるまで上達できるようになりますよ。

パソコンの文字入力には正しい指使いがある

パソコンで文字を入力するには、
正しい指使いというのが存在します。


ピアノを弾いたことがある、習った事がある方なら
ご存知かと思いますが、
ピアノなどの鍵盤楽器は
正しい指使いをすることで、
キレイに美しく、無理なく無駄なく弾くことができます。


パソコンも同じで、
正しい指使いをすることで、
キレイに美しく、無理なく無駄なく文字を打つことができるのです。


もし、誤った指使いで覚えていたら、
早めに矯正することを
強くおススメします!


なぜなら、この正しい指使いをすることで、
パソコン仕事がどれだけ効率化できるかが
かかってくるからです。
体の疲れにも直結します。

指のおうち=ホームポジション

パソコンでは、指を置く場所が決まっています。


まずは、
キーボードの【F】キーと【J】キーを見てください。
ジーッと見ると
なにやら突起がありますよね?


つぎに、
目をつぶって
左手の人差し指は【F】キーの突起を、
右手の人差し指は【J】キーの突起を、
触ってみましょう。

見つけられましたか?


それらの突起を探ることで、いつも
左手の人差し指は【F】キーに、
右手の人差し指は【J】キーに、
戻らなければなりません。

絶対です!


では、次に
人差し指はそのままで、
中指、薬指、小指をそのまま自然にキーにおろします。


左手の子指から順番に
【A】【S】【D】【F】
右手の人差し指から順番に
【J】【K】【L】【;】
のキーに指をおいているかと思います。


これをホームポジションと言います。

どんな文字を打っていても、必ず最後に戻ってくる
指のおうち
なのです。

ホームポジション以外の文字は何指使う?

ホームポジション以外の文字にも、
正しい指使いがあります。


パソコンには文字以外にも様々なキーがありますが、
それらも基本的には決まった指使いをします。


たとえば、カーソル(矢印)キーは全て右手の小指で打つとか、
コピペで使う左下の【Ctrl】キーは左手の小指で打つ
というように、外側のキーは基本的には小指を使うことが多いのです。


また、先ほどもお伝えしたように、
どんな文字を打っていても、必ず最後には
ホームポジション
に戻って来ます。


たとえば、【U】キーを右手の人差し指で打ったときは、
すぐに【J】キーの突起に戻って来るといった具合にです。

タイピング練習で守るべき3つの約束

練習を始める前に必ず守らなければならないルールが3つあります。

それは、

  1. 入力中は、何が何でもキーボードは絶対に見ない
  2. 必ずホームポジションに指を置く
  3. 速さを追及しない

ということ。


1つ目のルールを守るためには、人差し指で突起を常に探ることになります。
これが上達の近道!
ホームポジションに戻ってくることを覚えます。


そして2つ目のルール、このホームポジションに指を常に置いておくことで、タイプミスが減るのです。


最後3つ目。
練習で習得するのは、速さではなく確実さです。
文字を正しい指使いで確実にタイピングが出来るようになれば、自然と速さが身についてきます。
土台がしっかりしないところには家は建てられません。
ですので、最初は正確に、確実にタイピングができるように練習をしてみてください。

ホームポジションを制する者はパソコンを制する

といっても過言ではないくらい、
ホームポジションはタイピングスキルの基礎の基礎です。


これを基礎にして、練習を積み重ねると、
自然と指が動くようになります。


体に染みつくまで練習する必要があるのですが、
急がば回れ
基本動作がしっかりできるようになると、
あとの応用への展開は早くなります。


まずは、パソコンにじっくりたくさん触れて、
お友達になるところから始めてみてくださいね。

Okafuku Mei

33,586 views

1日10分の練習で 8時間の仕事が2時間に!! 通勤時間往復3時間、育児と仕事と家事とどう両立していけばいいか、試行錯誤してたどり着いたパソコン仕事の時短術...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Profile

プロフィール

このサイトを運営しているおかふくめいです。

1日10分の練習で 8時間の仕事が2時間に!!

通勤時間往復3時間、育児と仕事と家事とどう両立していけばいいか、試行錯誤してたどり着いたパソコン仕事の時短術で、働くママの【楽】をご提案します。

ママ自身のワクワクが子どもたちに伝播すれば、子どもたちにもワクワクする未来はやってくる!

小学生2人の子育てをしながら、平日会社員&週末起業家やってます。