【ショートカットキー講座】WindowsもMacも完全対応!
ウィンドウを自由自在に扱う方法を徹底解説!

パソコンスキル

働くママを応援!
働くママのパソコン仕事時短塾
おかふくめいです。

毎日仕事が多くて、なかなか終わらない!
残業のできない働くママは、持ち帰って仕事をすることもしばしば。

パソコン仕事の時短術を身につけたら、2倍も3倍も早く仕事が片付きますよ。

パソコン仕事の時短術では王道の『ショートカットキー』操作を徹底解説!
今日は、パソコン上に出てくる様々な画面に関するショートカットキーを見ていきます。
半分ずつ画面を表示する、画面を隠す、画面を最大化するなど
ウィンドウをショートカットキー操作で自由自在に扱う方法をご紹介しますよ。
ぜひショートカットキーを使いこなして、仕事の効率化を行っていきましょう。

ウィンドウを最大化Alt+Space+X/最小化Alt+Space+N

何かアプリを開いてみたら中途半端な大きさのウィンドウ。
ちょっと見づらいから大きくしようと思った時にやるのが、マウスをウィンドウの右上に持って行って(Macなら左上)
最大化のアイコンをクリックするということ。

反対に、ウィンドウが大きい状態で、ちょっと邪魔だからこのウィンドウを隠したいなと思った時に、
やはりマウスをウィンドウの右上に持って行って(Macなら左上)最小化のアイコンをクリックするということ。

日常的に行っている動作ですが、わざわざキーボードから手を離してマウスに持ち替えるのって面倒ではありませんか?
そんな時に次のショートカットキー操作をしてみましょう。

  Windows  Mac 
ウィンドウの
最大化
AltSpaceX CommandControlF
ウィンドウの
最小化
AltSpaceN CommandH
ウィンドウを元の大きさに戻す AltSpaceR CommandControlF

マウスに持ち替えなくても一秒でウィンドウを最大化したり隠したりできるのですが、
3つのキーって押さえにくいですよね。

Windowsであれば、実は他にもやり方があります。

  Windows 
ウィンドウを大きくする Win(左薬指)(右小指)
ウィンドウを小さくする Win(左薬指)(右小指)

Win+でWordの画面が大きくなります。

Win+でWordの画面が小さくなります。

開いている画面が中途半端な大きさなら、Winで最大化、Winで最小化です。
最小化の状態でWinなら元の大きさに、最大化の状態ならWinで元の大きさに戻ります。
こちらのほうが覚えやすいかもしれませんね。

画面の左右にウィンドウを寄せるWin+→/Win+←

開いている画面、ウィンドウをどちらか半分に寄せたい!また、2つの画面を並べて作業したい!
そんな時に役立つショートカットキー操作です。

  Windows 
ウィンドウを左に寄せる Win(左薬指)(右小指)
ウィンドウを右に寄せる Win(左薬指)(右小指)

WinWinでWordの画面を片側半分に寄せることが出来ます。

WordやExcelを並べて作業することもできます。

ウィンドウを移動するAlt+Space+Mのあとに矢印キー

ウィンドウをちょっと動かしたい時には次のショートカットキー操作をやってみてください。

  Windows 
ウィンドウを移動する Alt(左薬指)Space(左薬指)M(右小指)
  で動かしたらEnter

MはMove(移動)のMだと覚えれば覚えやすいですよね。

ウィンドウのサイズを変更するAlt+Space+Sのあとに矢印キー

マウスでギュギュっと調整するようなことでも、ショートカットキー操作で出来るんです!

  Windows 
ウィンドウのサイズを変更する Alt(右薬指)Space(右人差指)S(左薬指)
  で動かしたらEnter

まとめ

今回は、フォルダやファイルを自由自在にショートカットキー操作でできるそんなワザをご紹介しました。
キーボードを使ったショートカットを覚えれば、すばやく快適な操作が実現できますよ。
まずは自分がよく使う操作から試して、しっかりと身につけて、パソコン仕事の時短をしていきましょう。

Okafuku Mei

33,078 views

1日10分の練習で 8時間の仕事が2時間に!! 通勤時間往復3時間、育児と仕事と家事とどう両立していけばいいか、試行錯誤してたどり着いたパソコン仕事の時短術...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Profile

プロフィール

このサイトを運営しているおかふくめいです。

1日10分の練習で 8時間の仕事が2時間に!!

通勤時間往復3時間、育児と仕事と家事とどう両立していけばいいか、試行錯誤してたどり着いたパソコン仕事の時短術で、働くママの【楽】をご提案します。

ママ自身のワクワクが子どもたちに伝播すれば、子どもたちにもワクワクする未来はやってくる!

小学生2人の子育てをしながら、平日会社員&週末起業家やってます。