最小の労力で最大の成果を引き出す!質問力が高い人になるために押さえておきたいポイントとは

team_meeting
仕事の効率化

質問力を高めると仕事の効率化につながる

仕事ではさまざまな場面で、わからないことや疑問に思っていることを質問することがありますよね。そこで高めておきたいのが「質問力」です。質問力が高い人は、相手に不快感を与えずに短時間で必要な回答を引き出すことができます。

また、質問力が高い人は、物事や状況の分析能力に優れ、そこで発見した問題点を他者と共有するのが上手です。

今回は、質問力を高めて自分の知りたい情報やアドバイスを効率的に受け取るために、押さえておきたいポイントをお伝えします。

質問力を高めるためのポイント

1.相手への負担をかけないよう配慮する

まず忘れてはいけないのが、質問は相手の時間と労力を使うコミュニケーションだということ。そのため、質問をする時は相手へ負担をかけない配慮が必要です。

たとえば「●●がわかりません。」というような、調べれば誰でもわかるような質問はNG。これでは自分の頭では何も考えていないと言っているようなもので、あなた自身の評価を下げることになりかねません。相手を不快にさせないためにも、調べればわかるような質問はしないようにしましょう。

また「●●についてどう思いますか?」という質問もNG。なぜなら、これは相手に1から10まで考えさせなければ答えを得られない質問だからです。相手に負担をかけず効率的な質問をするには、以下のポイントを押さえましょう。

2.上手に質問する4つの思考

質問をする前に、問題を分析して思考しましょう。その際に以下の4つのポイントを押さえておくと思考を整理しやすくなります。

1.現状の問題点
2.自分が実現したいこと
3.自分の考え
4.行動計画

つまり「何が問題で自分はどうしたいのか、どうすることがベストなのか」を繰り返し思考します。それをもとに質問をすることで、相手にあなたの背景と思考が伝わり、質の高い情報やアドバイスを引き出すことができるのです。

このように4つの思考を繰り返すことで、問題解決能力が上がっていきます。質問内容が明確になり、最小の労力で最大の成果を引き出すことができるでしょう。

質問力を高めて仕事の時短をしていこう

4つのポイントを押さえて思考を繰り返すことで、質問力が高くなっていきます。質問力を高めると、問題解決能力、コミュニケーション能力が上がります。他者からの協力が得られやすくなり、効率的に目標を達成することができるようになるのです。

ビジネスシーンだけでなく、さまざまな場面で役立つ質問力。ぜひこの4つのポイントを押さえて質問力を高めましょう。

Okafuku Mei

78,277 views

1日10分の練習で 8時間の仕事が2時間に!! 通勤時間往復3時間、育児と仕事と家事とどう両立していけばいいか、試行錯誤してたどり着いたパソコン仕事の時短術...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Profile

プロフィール

このサイトを運営しているおかふくめいです。

1日10分の練習で 8時間の仕事が2時間に!!

通勤時間往復3時間、育児と仕事と家事とどう両立していけばいいか、試行錯誤してたどり着いたパソコン仕事の時短術で、働くママの【楽】をご提案します。

ママ自身のワクワクが子どもたちに伝播すれば、子どもたちにもワクワクする未来はやってくる!

小学生2人の子育てをしながら、平日会社員&週末起業家やってます。